Google+ 日本海情報ビジネス専門学校(NIB)
地元就職につながる
総合的な「人間力」

少にして学べば則ち壮にして為すことあり

~職業人としての能力を身につける~

 今、世界は、経済をはじめとするさまざまな分野でのグローバル化が急速に進む一方、自国第一主義的考え方が広まるなど、不安定な状況が続いています。また、国内では、着実に進行しつつある人口減少、少子・高齢化への対応をはじめとして、さまざまな課題への対応が求められています。
 しかし、こうした難しい時代にあるからこそ、希望や信念を持ち、荒波を乗り越えて、新たな時代を拓いていくことのできる有為な人材の育成が強く求められます。
 本校の使命はまさにその「有為なる人材育成」にあります。本校では、地域の優れた職業人・社会人を育成するにあたり、次の三つを大きな柱としています。
 一つには、各分野で必要とされる確固たる専門的知識・技能、二つには意欲、責任感、感動する心、コミュニケーション力、礼儀・マナーなどの人間力、三つには学んだことを実社会で生かす実践力です。本校では職員が一丸となり、それらの力の育成に努めます。
 さて、江戸末期の優れた儒学者であった佐藤一斎は「少にして学べば則ち、壮にして為すことあり。壮にして学べば則ち、老いて衰へず。老いて学べば則ち、死して朽ちず。」と述べています。若い時に勉学に励めば、働き盛りになった時に世の中でいい仕事ができるというのです。
 ぜひ、本校で職業人・社会人として、あなたの人生に必要な力を身につけ、人生の扉を開いてください。

校 長 中永 廣樹 (元鳥取県教育長)

オープンキャンパス

AM10:00~3時間程度